フコダインの歴史

笑顔でレモンを持つ女性

フコイダンの歴史は意外と浅く、今から100年ほど前に研究が開始され、日本では1996年の日本がん学会で注目されるようになりました。それはモズクや昆布に含まれているヌルヌル成分のフコイダンが、ガン細胞に働きかけ自滅させる現象を誘導すると報告されたためです。これによりフコイダンの有効成分に着目した研究開発が活発となり、現在では各メーカーが数多くの関連商品を販売しています。 フコイダンは免疫力を高める成分として知られており、日本でもフコイダン免疫療法として積極的に取り組まれています。免疫療法は近代西洋医学の分野から始まりましたが、最近は東洋医学の分野から実証的症例が報告される事で、より深い研究が行われています。

人口の4割が高齢者という本格的高齢化社会を迎え、医療機関の充実や健康維持の必要性が求められています。そのためには病気を未然に防ぐ事が大切であり、個人で体調管理を行う事で余生を楽しく過ごす事ができます。快適な暮らしを楽しむためにも、毎日の取り組みにより体の内側から健康を促し積極的に行う必要があります。 今後は高齢者が増える事でガン患者も増加すると予測されるため、フコイダン商品の更なる進化が期待されています。現在はサプリメントや粉末等で気軽に摂取できますが、今後開発される商品には高い効果や飲みやすさも考慮されるため、高齢者にもスムーズに摂取できるような、喉を通過しやすい滑らかな商品が注目されています。